ユーザーへ効果的にアピールできる広告郵便とは?

着圧はがきの料金後納マーク

圧着ハガキに、どの程度の情報量を載せることが出来るかご存じでしょうか。作成する圧着ハガキのタイプにもよりますが、通常のハガキの2~3倍、ちょっとしたチラシ広告並の情報を記載することが出来ます。圧着ハガキを顧客とのコミュニケーションに活用する企業、あるいは市民への連絡手段として使う官公庁は多いですが、圧着ハガキの情報量の多さを生かすなら、特に、広告郵便に最適と考えられます。
我々の生活は、いたるところに広告宣伝物があふれかえっています。しかし、その他大勢向けのあまりにも一般的な内容の広告というのは、興味を惹かれないものです。そのため、周りにどれだけ様々な広告物があっても、その大半は無視する人が多いでしょう。その点、広告郵便として自分を名指しで届いた圧着ハガキだと、インパクトが全然違います。圧着ハガキは、もともと思わず中を開けたくなる心理的効果がある構造をしており、そこにチラシ並の情報量で新しい製品やサービスについて詳細に記載してあれば、広告としての説得力と信頼性はかなりのものと言えるでしょう。
きちんと狙った効果が出せる広告郵便として圧着ハガキを作るのであれば、作成は業者に依頼しましょう。専門業者であれば、広告としての効果があるデザイン等について、何らかの役に立つ知見を持っているはずです。

Topics